身体の内側からも美白・美肌になる


美肌は多くの女性の憧れですが、日焼けしやすい人にとっては日焼け対策に悩んでいることと思います。
特に紫外線の強い夏は大変ですが、そんな人でも洗顔をしっかりしたリ美肌化粧品を使えば美肌になることができます。
そして、それらに加えて身体の中からケアをすればさらに色白美肌を手に入れることも可能になりますよ。

ビタミンCは美肌効果もある


身体の中からケアをするというのは、美白効果のある栄養素を積極的に摂るということです。
美白効果のある栄養素といわれて多くの人が頭に浮かぶのが「ビタミンC」ではないでしょうか。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きをするので美白のみならず美肌効果も高いので、すべての女性におすすめです。
ただし、体内から排出されやすいので意識的に摂取する必要があります。
ビタミンCというとレモンがイメージされやすいですが、毎日レモンを食べるのは大変ですよね。
ビタミンCを含む食品は数多く、ピーマンやブロッコリー、いちごなどが挙げられます。
また、ジャガイモのビタミンCは熱を加えても壊れにくいし料理にも使いやすいのでおすすめです。

エルシーノ美白美容液 効果も確認してみましょう。

その他の美肌・美白効果の高い食品


体内で必要に応じてビタミンAに変化するβカロテンも、抗酸化作用があるので肌にハリやツヤをもたらしてくれます。
皮膚の新陳代謝を高め古い角質を除去して肌のターンオーバーを促すまさに美肌のための栄養素で、シソやモロヘイヤなどに豊富です。

ビタミンEには紫外線から肌を守る効果のほか、抗酸化作用があるので血管や肌、細胞の老化を防止してくれる「若返り」ビタミンです。
アーモンドやモロヘイヤ、うなぎ、アボカドなどに多く含まれています。

そのビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があるのがリコピンで、メラニンを作る酵素に働きかけるので日焼け防止に効果があります。
リコピンはトマトに豊富に含まれることはよく知られていますが、スイカや柿、ピンクグレープフルーツなどにも多いです。

そしてリコピンのさらに上をいくのがアスタキサンチンです。
アスタキサンチンはビタミンEのなんと1000倍もの抗酸化作用があるとされています。
カニ、エビ、サケ、いくらなど赤い色の魚類や甲殻類に豊富です。

これらの食材をうまく組み合わせて、身体の中から美肌になり艶つや習慣で保湿しましょう。