ほうれい線の語源その由来を辞書で調べてみました。

ほうれい線ができることによって女性は年齢よりも老けて見られてしまいます。ほうれい線対策をすることがいつまでも若くいられるコツといっても過言ではないでしょう。

ほうれい線が出来たら、もう終わりだと諦めてしまう人も多いですね。

しかしほうれい線は正しくケアすれば消すことも、予防することもできるのです。

ほうれい線を調べる

ほうれい線の語源はなんなのか、まずgoo辞書を使って調べてみました。実は人相学から来ていたようで、中国の面相学から来ているのだそうです。長寿の印として豊齢線と漢字で書くのだといいます。この漢字を見ると納得できますよね。年齢と共に濃くなっていくわけですから、長寿の印といっても過言ではありません。ほうれい線をウィキペディアで調べてみると、人の鼻の両脇から唇の両端に伸びている2本の線でシワとは違って、頬の境界線と言われています。語源はやはり先ほど調べたものと同じことが書かれていました。主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多くて、若年期まで特に目立たなかった人も多いですが、ほうれい線の深さは見た目年齢に大きく影響を与えるともありました。その通りですね。

シミウス 定期は安くておすすめですよ。

原因はなに?

原因については、加齢、乾燥、喫煙やストレス、紫外線やバランスの悪い食事、ビタミンCが不足していること、コラーゲンの不足などが考えられているようです。なぜホウレイ線という名前が付いたのか、別の説もあるようで、法令と書くようです。法令を守れないこと、法令の線をまっすぐに生きる人、このように意味づけてほうれい線ができている人は法令の線をまっすぐに生きている真面目な人、年齢とともに社会的な役割も果たして来た人といった意味合いで使われることも多いようです。豊かに年を重ねることで法令を守っているという意味合いでほうれい線ができているという説ですね。

何はともあれ老けて見られる

しかしどんな説があるといっても、5歳から10歳は老けて見られてしまいますので、その点に注意しなければいけません。ほうれい線は実年齢よりも老けて見られてしまいますので、女性の間では大敵であり、悩みがトップであるということは多いでしょう。何とかしてでも解消して薄くしたい、目立たなくしたいと思っている人が多いのです。

ほうれい線の語源や言い伝えのような説、そして原因についても色々と諸説ありますが、ほうれい線が年齢をあげてしまい、女性の敵であることは決して変わらないでしょう。

【PR】
わらびはだのイボへの効果はウソ?口コミを調査して分かった事実は?