Oライン脱毛とは何ですか?

Oラインと言う言葉を聞いた事があるでしょうか。
Oラインは主に肛門の周りの事を指して言いますが、肛門から数ミリ離れた部位をぐるりと一周した部分の事を明確に表現する事もあります。

VIOラインの中では脱毛のメニューとして1番最後に登場したと言われていて、アンダーヘアが濃いめの方はOラインにもしっかりとムダ毛が生えている事があります。
この部位は排泄物が触れる部分でもある他、自分で処理したくてもなかなか手の届かない部位でもあるので、自力では難しい事がほとんどです。

■Oライン脱毛はした方が良いの?

Oライン脱毛はアンダーヘアが気になってもなかなか自分では処理しにくい部位です。
排泄物が触れる可能性がある事も含めると脱毛しておいた方が衛生的で、蒸れや雑菌の繁殖についても安心が出来ます。

脱毛するとなるとサロンやクリニックのスタッフに施術してもらうと言う事になりますが、自分で何らかの処理をして流血などの失敗をする事を考えると、多少恥ずかしくてもプロの手にお願いした方が無難な部位だと言えます。

臭い対策にもなるので、脱毛した方が良い、と言う結論になります。

■Oラインの施術はどうやってするの?

Oラインは自分で事前の処理が難しい部位なので大抵の場合はシェービングサービスを利用する事が多くあります。
その上で左右のお尻を持ち上げるようにしてスタッフが手早く施術を行うと言うのが一般的です。

うつ伏せになった状態で少し足を広げておくとスタッフが対応してくれるので、それに任せておけば良いと言う事になりますが、どうしても恥ずかしい場合などはタオルや紙パンツについて問い合わせると良いです。

■VIOラインをセットで脱毛するのも良い

アンダーヘアを総合してVIOラインやハジニーナなどと呼びます。
これらの部位をまとめて施術すると言う方法も良いものです。
考えてみればIラインだけ脱毛が完了していてその前後がもじゃもじゃだと言うのもおかしいですし、その逆でもちょっと不自然な感じがします。

どこまで脱毛をするのかにもよりますが、バランス良く脱毛するならば、セットで脱毛する事も一考の価値があります。

■Oライン脱毛ははずかしいけれどしておいた方がいい

Oライン脱毛は部位が部位だけに恥ずかしいものですが、もじゃもじゃしているのもまた恥ずかしいものです。
出来ればアンダーヘアのケアをする時にまとめて施術してしまうと便利ですし、恥ずかしさも一時のもので終わります。